ホーム > 農地・就農に関するよくある質問

農地・就農に関するよくある質問

農地・就農に関するよくある質問と、その回答を一覧にしました。ご活用ください。

農地中間管理事業に関して

就農に関して

農業を始めるにはどうしたらよいでしょう?

やりたい農業のイメ-ジを固める→必要な情報を収集する→農業をやっていけるか・家族の賛同はえられるか等じっくり見極めることが必要です。
群馬県内には就農に関する相談窓口が多くありますので、連絡を取って相談に行くことをお勧めします。

就農に関する相談窓口はこちら

農業を始めるのには何が必要ですか?

健康・体力はもちろんですが、農業をやりたいという情熱・意欲、優れた経営能力が必要です。

具体的には
1.何をどれだけ作りたいか?【作物、量】
2.それをどのような値段で誰に売るか?【価格・流通】
3.そのために必要な農地はどれくらいか?【農地】
4.経費はどれくらいかかり、いくら残るか?【費用・所得】
5.労働力はどうするか?【労働力】
6.始めるにはどれだけの金額が必要か?【投資】
7.その資金はどうやって調達するか?【資金調達】
8.自己資金はどれだけあり、家族の理解、資金援助は(担保など)受けられるか?【自己資金・担保力】
9.経営が軌道に乗るまでの運転資金・生活費はどうするか?【運転資金・生活費】
10.栽培技術はあるか。ない場合はどうやって身につけるか?【技術・研修】
11.立地条件のイメージはあるか?【立地・就農場所】
12.なぜ農業をするのか、どのような農業をしたいか?【思い・目的】 などですが、他にも作目・就農場所等によって必要なものは色々です。


情報収集をし、自分にあった経営・営農計画を作ることが必要です。

農業の経験・知識がありません。何から始めたらよいでしょうか?

就農準備校で基礎知識を身につけてはと思います。
群馬県では農林大学校で年1回の募集(2月頃)をしています。

 

その他にもグリーンツーリズム農業体験民宿や農業体験イベント等に参加したり、農家の人の話を聞くなど積極的に情報の収集をすることから初めて下さい。

農村で生活するのに注意することは何ですか?

気候・病院・学校・交通機関・近所付き合い等、地域によっては都会とは大きく違う所もあります。
地域の生活習慣や風習に積極的に馴染み、地域の人から応援されるようになることが必要です。
群馬県では農村に限らず、車と運転免許証は生活する上で必要だと思います。
農業を始めると言うことは、生涯そこで生活する覚悟が必要だと思います。
就農地は何度も足を運んで、家族の了解を得ることが必要です。
 

ページTOPへ