ホーム農地中間管理事業お知らせ > 農地中間管理事業による農用地の集積及び集約化の推進に関する連携協定について

農地をもっと活かしたい

農地中間管理事業

お知らせ

農地中間管理事業による農用地の集積及び集約化の推進に関する連携協定について

2018.02.01

 平成30年1月31日に、農地中間管理機構である「公益財団法人群馬県農業公社」は、担い手への農地集積・集約化を加速し、農地の有効活用と農業の生産性向上を図るため、農業経営者の経営改善等を支援している「群馬県農業経営アドバイザー連絡協議会」と連携して、農地中間管理事業の取組を推進するための連携協定を締結しました。
農業経営アドバイザー連絡協議会は全国にありますが、連携協定を締結するのは群馬県が初めてです。

<協定締結者>

(1)群馬県農業経営アドバイザー連絡協議会
   幹事 天川 洋
   幹事 駒井 英樹
   幹事 干川 芳男

(2)公益財団法人 群馬県農業公社
   理事長 武藤 敏行

<立会人>
   群馬県 農政部長 澁谷 喜久
   株式会社日本政策金融公庫 前橋支店長 田村 佳隆

連携協定書はこちらからご覧ください・・・・連携協定書 

締結式の様子
調印式
















調印後記念撮影

戻る
  • 農地中間管理事業
  • 農地・就農に関するよくある質問
  • 農業用語集
ページTOPへ