公益財団法人群馬県農業公社概要

設立のねらい

公益財団法人群馬県農業公社は、農地の流動化、農業生産基盤の造成整備、農業の担い手の確保・育成等に関する業務を通じ、農業者の経営改善と本県農業の振興に寄与することを目的として設立されたものです。

主な事業

  1. 農地又は採草放牧地、農業用施設用地の売買、貸借、管理及び交換
  2. 青年農業者等担い手の確保・育成・新規就農相談
  3. 青年農業者への経営改善に資するための助成金の交付及び資金の供給
  4. 未利用農地の有効活用への取り組み
  5. 農業用地等の造成、改良及びこれらの付帯施設の売渡し
  6. 農業用施設、環境施設及びこれに関連する施設等の取得、造成、整備、貸付及び譲渡
  7. 農業用機械等による作業の受託

沿革

  • 昭和45年10月1日
    財団法人群馬県農業公社設立
  • 昭和46年2月6日
    農地保有合理化法人指定
  • 平成6年2月21日
    農業経営基盤強化促進法に基づく県基本方針に県段階の農地保有合理化法人として位置付けられる
  • 平成10年10月1日
    農業後継者育成基金と農業公社の統合青年農業者等育成センター指定
  • 平成24年4月1日
    公益財団法人へ移行
  • 平成24年7月23日
    事務所移転
  • 平成26年4月23日
    農地中間管理機構として指定を受ける

農地中間管理機構指定について

農地中間管理事業の推進に関する法律(平成25年法律第101号)第4条に基づき、群馬県において農地中間管理事業を実施する「農地中間管理機構」として、以下のとおり指定を受けました。

指定法人
群馬県前橋市総社町総社2326-2
公益財団法人群馬県農業公社

指定日
平成26年4月23日

基本財産

基本財産合計:631,121千円

内訳

基本財産(公社):15,000千円(寄付金)

県・市町村・協会など 金額
10,000千円
農協中央会 5,000千円

基本財産(農業後継者育成基金):616,121千円(出捐金)

県・市町村・協会など 金額
304,000千円
市町村 142,500千円
農業団体等 169,621千円

組織

役職員

  • 評議員
    • 9名
  • 理事・監事
    • 理事:11名
    • 監事:2名
  • 職員
    • 18名
    • (内県派遣職員4名)

機構

機構図

  • 理事会及び評議員会
  • 予算決算の会計事務
  • 資産の管理・運用
  • 農地利用の効率化・高度化及び農地保有の合理化を促進する事業
  • 農業構造の改善に資するための業務
  • 青年農業者担い手の確保・育成のための業務
  • 未利用農地の有効活用に対する業務

情報公開

中間管理事業規程・活動方針

定款・役員報酬規程

事業報告・決算

2019年度

平成30年度

平成29年度

平成28年度

アクセス

  • 〒371-0852 
    前橋市総社町総社2326-2(蚕糸技術センター内)
  • 電話番号:027-251-1220
  • ファックス:027-251-0677

ページトップへ戻る